求人で見かけるPhotoshopが使えるスキルってどれくらい?

こんにちは!chicoです。

皆さんは仕事でPhotoshopを使っていますか?

 

photoshop-cc

 

私の場合、仕事の日はほぼ毎日稼働しています。

 

会社のPCのスペックがしょぼいのもあって、いきなりフリーズやクラッシュにならないよう、注意しながら日々使用しています(笑)

 

今日は“Photoshop”とお仕事について、紹介してきます。

 

もし、フォトショではなくてIllustratorのスキルとお仕事について気になるようでしたら、

の別の記事で紹介してますので、そちらをご覧ください、

 

特にクリエイティブ系の求人募集要項では、ほとんどの会社で“Photoshop”は必須スキルとなっています。

 

では、いったい求人で求められるPhotoshopのスキルやレベルは、どれくらいなのでしょうか?今回は、その真相を突き止めていこうと思います!!

 

  • Photoshopで転職
  • Photoshopを使うお仕事へ就職

 

という方も参考にしてください。

 

また、プロのデザイナーを目指しています!と言う方向けの内容ではありません。Photoshop初心者(未経験者)向けの内容です。

 

あまり難しく考えることありませんからね♪

なぁ~んだ。Photoshopの実務レベルって、その程度でいいんだ。と感じてしまうと思います。

 

Photoshopを全て使いこなす必要はなし!

結論を先に言うと、クリエイティブ系の転職や就職では、“Photoshop”の機能を全て使いこなせる必要性は、ありません!

 

そんなすごいスキル、もってなくたって、クリエイティブ系のお仕事はできますよ♪

 

写真処理からイラスト作成、サイトデザインなど、様々な場面で必要とされる万能ツール。

それが、【Photoshop】ですが、

 

 

実はプロとして活躍しているベテランデザイナーでも、全ての機能を難なく使いこなしている人はごく少数なんです。

 

なぜなら、ECやデザイナー、イラストレーターなど、その業界によって使う機能は様々です。異なっているからです。

 

例えば、私が所属しているEC業界では「トリミング」「画像補正」といった基本的なツールしか使用しません。

 

また、イラストレーターやデザイナーといったグラフィック業界の方はこれらに限らず、ペンツールなどを使用してイラストを描いたりしますよね。

専用のペンタブだって、必要になってきます。

 

レイヤー機能やマスク機能など基本ツールは共通して使用しますが、それぞれ使用するツールには偏りがあります。

 

なので、

 

  • 求人にPhotoshopの実務レベルが必須

(Photoshoが普通に使える程度)

 

と書かれていても、全てが出来なければならない、というわけではないので安心してください(^^)

 

極端な言い方をすると、

少し触ったことがある

程度でも、なんとかなっちゃったりしますよ♪

 

少しって、どれくらい?

⇒ Photoshop CC を契約して、2日間みっちりチュートリアルをみて練習する程度。

 

現在だと、Photoshopことはじめ1、2、4を2回くらい繰り返し練習して、

 

『写真編集 – 色補正と切り抜き』の作品を2~3つ練習して、あとはサンプル動画を見なくても出来るようになれれば、ほぼほぼOKですよ!

 

ことはじめ4の前半部分の内容だけでほぼ出来る内容です。

↓ ↓

(影を付けた部分だけは、ことはじめ4では紹介されてませんので、私オリジナルです)

 

※学校や塾の授業と思って、使用したツールの名称や性質についてメモを取りながら覚えると、集中してやれば土日の2日間あれば出来ちゃいます。

 

★関連記事

 

Photoshopで編集作業も必要ですが、編集前の写真撮影はもっと大切です。でもいきなりスタジオ撮影ってわけには行きませんよね!

 

そこで、もっとも身近な自宅でも上手に写真撮影についてはこちらをご覧ください。

 

Photoshopの実務(使える)レベルってどの程度?

Photoshopのレベル

結論から言うと、

 

実務レベル=その業界で使うツールが使いこなせるレベル

 

と思っていただければOKです。

 

あとは上記でも少し触れましたが、レイヤーやマスクといった基本共通ツール系は使えた方がいいです。

 

ちなみに基本機能の使い方を覚えるだけなら、基本的なPC操作が出来る方で、おそらく独学でも1日~2日あれば全然覚えられます。

安心してくださいね(^^♪

 

会社によっては、入社してからPhotoshopを教えてもらうことだってあります。

 


※基本的なPC操作って、

  • インターネット検索できる
  • メールを送ったり返信したりできる

これくらいかな?


 

★関連記事

 

続いては、Photoshopは趣味で少し使ったことがあるけど、Illustratorは使ったことがありません。それでも、Photoshopの就職や転職ってできますか?

 

という疑問について、

Photoshopだけ使えれば問題無し!という職業を少し紹介します。

 

Photoshopを使えると就職できますか?

フォトショップを少し使えるだけでも、十分活用できる職業はあります!

 

たとえば、

  • 不動産などの広告代理店

 

新聞折り込みチラシやよく郵便受けに投稿されている不動産関係の広告って、見たことありますよね!

 

大手広告会社の場合は、Illustratorのスキルも必要となってきますが、30人程度のあまり大きくない会社でしたら、Photoshopが使えるだけでも、とっても重宝されます。

 

作業内容は、営業の方が撮って来てくれた写真を加工するだけ!

 

加工方法は、

  • 物件に映りこんでしまった余計な物(電線など)を消す
  • 空を綺麗な青空にする
  • 写真の傾きを修整する
  • 建物の色を鮮やかにする
  • 建物の中の写真を明るく綺麗にする

 

時には、ちょっとした汚れを消す(これはナイショ!)こともPhotoshopの機能で出来てしまいます。

(あとでクリーニング業者が入り綺麗にしれくれる事前提でね!)

 

ちょっとしたロゴなどもIllustratorを使わずに、Photoshopで作ってしまうことだって出来ます。

 

不動産関係の広告って、営業さんが撮って来てくれてから、印刷するまでに本当に時間が短いです。なので、丸1日や2日かけて一枠を作っているようでは、版下が間に合いません。

 

広告の場合、文章は文章担当者、印刷は印刷担当者、最終構成はある程度経験のある人。

 

というように、分業されています。

 

その中のお仕事の一つとして、写真を修整する(修正出来るスキルがある)お仕事は、需要があります。

 

と言うことは、Photoshopが使えると就職できますか?

回答 ⇒ 就職できます♪

 

Illustratorが使えると?

と、いう時はこっち↓の記事で少し書いてます。

 

Photoshopが使えると転職できますか?

フォトショップで転職

続いては、Photoshopのスキルを使った転職について、紹介します。

 

一番多いのは、WEBやTI系のデザインを扱うお仕事です。

ただ、その場合はIllustratorのスキルも問われる求人は多いのは現実です。

 

また、完全なPhotoshopのスキルとなると、それなり使いこなせて、転職後はPhotoshopメインのお仕事に就くことが前提になりますが、

 

たとえば、

  • 現在お化粧品の販売員をしている。

(過去に販売員経験がある)

 

  • スーパーなどで実演販売の経験がある。

 

という場合、まず接客業としてのスキルはすでにお持ちですよね!

そのスキルを活かして、

 

お客様の生の声が伝わるリーフレットやパンフレット、チラシ作製といったことも出来ます。

 

というように『次の転職先へのアピール』として、あなたのPhotoshopスキルを活用することもできると思います。

 

ということで、Photoshopが使えると転職できますか?

回答 ⇒ 転職できます♪

 

独学でPhotoshopを便業しながら仕事をこなしてきた人達の体験談です。

フォトショップの基本操作はどこまで必要?実務内容と覚え方の体験談
ハローワークなどの求人で「フォトショップの基本操作ができること」ってよく見かけるけど、実際どの様な作業をしているの?入社してからスキルを上げるのではダメなの?実際に働いている人の体験談です。

 

さぁ、まずは自己分析をして、自分自身をよ~く把握してみよう!

就職活動で使える自己分析のやり方を3ステップで紹介!
就職活動や転職活動の際、自己分析はしていますか?自己分析を行うと 自分の強みや弱み、仕事選びの軸 を明確にすることができます。この記事では自己分析のやり方を3ステップで紹介していきます。専用シートを活用して下さい。

 

Photoshopを早く覚えるポイント

ポイント

Photoshopに限ってではありませんが、新しいことを覚えるポイントは

“ひたすら実践すること”

です。

 

私もまったくの初心者でしたが、数をこなすことでだんだん慣れていきました。

 

初めは、

  1. Photoshop起動
  2. 新規作成(落書きでもなんでもいいので何か書く)
  3. 名前を付けて保存
  4. Photoshopの終了

 

まずは、これが問題なくできれば、大丈夫!

あとは上記の【2.新規作成】の中身を増やしていくだけ!

 

そう思って取り掛かると、ハードルが低くていいでしょ♪

 

★関連記事

 

ECサイト運営に限って言うと、デザイナーさんほどのスキルは、まず必要ないですよ!って思います。だって、私が実際にそうですからね♪

 

EC業界で必要なPhotoshop実務スキルをchicoが教えるよ!

実際に私が仕事で使っていて、これを覚えていれば大丈夫でしょ!っていうツールをご紹介します。

 

photoshop操作

 

  1. レイヤー
  2. トリミング(切り抜き)
  3. レベル補正/明るさ・コントラスト(補正系)
  4. 選択ツール(白抜き)
  5. スポット修復ブラシツール
  6. コピースタンプツール
  7. テキストツール

 

最低限①~③が理解していればOKです。

これらの機能を使った実際のお仕事って、どのようなのがあるのか気になりますよね?

 

えっ!それだけ?

と思えるくらい少ない機能でしょう♪

 

ホントに?

『私のPhotoshopスキルでも通用するのかな?』

って心配に思っちゃう気持ち、分かります。

 

それでしたら、本職としてPhotoshopを使ったお仕事をする前に一度試してみると、意外と実感できる方法があります。

 

それは、自宅で出来る副業としてです。

そこで、

副業レベルでもこんなのあるよ!

 

というのも書いてますので、参考にどうぞ。

 

Photoshopが使えるってどの程度?のまとめ

実際にECサイトで働いている私自身でも、全ての機能を使いこなせていません。使えてない機能がたくさんあるので、毎日精進してます。

 

最初からすべて覚えようとせず、目的や用途に合わせてその都度覚えていけば、

Photoshopもへっちゃら!です(^^)

 

せっかくクリエイティブ系のお仕事に興味があるのでしたら、その場に立ち止まらず、夢に向かって挑戦していくことが大切だと私は思います。

 

ここまで読んでくれて、ありがとうございます!

でも、まだPhotoshopの作業は心配!

というのでしたら、実際にどの様なお仕事があるのか覗いてみるのもいいかもしれませんね。

 

直接企業と…

 

となると本格的になってしまいますので、まずはネット上のクラウドソーシング系のお仕事をみてみるのもいいかな?と思います。

 

『クラウドワークス』というところで、メールアドレスがあると登録出来ます。

 

その中で『お仕事を探す』と言う項目を覗いてみると、個人~企業様までの案件がどのくらいの相場で出ているのか、単発や長期契約の単価を見ることが出来ます。

 

クラウドワークス案件

例えばこんな感じです。

クラウドワークスを覗いてみる?

 

さぁ!

あなたも夢に向かって一緒に頑張りましょう!!

 

★次に読んでほしい記事

ECサイトで求められる志望動機、未経験者は参考にしてね!
ファッション系ECサイト運営会社へ就職したい方へ 『撮影チーム』と『運営チーム』の志望動機について書いてみました。どんな人がECサイト運営の仕事に向いているのか、参考にして下さい!

 

★関連記事

Photoshopが使えて良かった!という人の体験談
在宅勤務が続くと、Photoshopを使ったお仕事やこれから覚えようと思っている人が、どんどん増えてきているように感じます。Photoshopを少しやってみようかな?と思っている方の背中を押せたらいいな。 という内容です。

コメント